美人はまつ毛がキレイ

美人になるための秘訣

美人の特徴といえば、肌や髪のお手入れが行き届いていることはもちろん、指先からまつ毛などの細かい部分までしっかりケアされている美意識の高さが挙げられるでしょう。

例えばまつ毛は顔の一部と思われがちですが、顔全体と同じ皮膚ではなく毛ですから、美しい状態をキープするにはまつ毛専用のお手入れをする必要があります。

しかし、世の多くの女性は、顔全体と同じクレンジングでまつ毛の汚れやメイクを落とし、洗顔後のケアも、顔全体と同じ美容液で済ませてしまっているのではないでしょうか?

一見、それでこと足りているように感じられるかもしれませんが、まつ毛を労るクレンジングやお手入れをしないでいると、メイクや汚れで受けたダメージは少しずつ蓄積されていきます。

「気づいたら、まつ毛がスカスカになっていた…」「まつ毛が短く、少なくなってしまった…」なんて悲劇が起きる前に、ぜひまつ毛専用のクレンジング、まつ毛専用の美容液で丁寧にお手入れをしてあげましょう。

見た目ではなかなかわかりませんが、日々のマスカラやビューラーによるダメージは大きいものです。

美しい目元を演出するためのアイテムは色々と市販されています。つけまつ毛やマスカラ、カラーコンタクトなどはいつでも気軽に手に入るようになりました。

しかし、どれもデリケートな目元に使うからには注意が必要です。カラーコンタクトを外した後に汚れをしっかり洗浄して落とさないと、結膜炎や、角膜に傷がつく原因になる可能性があります。

また、マスカラやつけまつ毛の接着剤は、先に書いたようにまつ毛やまぶたに大きなダメージを与えます。外出の予定がない日などはマスカラやビューラー、つけまつ毛などを止めて、まつ毛を休ませてあげましょう。

「もし自前のまつ毛が抜けても、マスカラやつけまつ毛をするから大丈夫!」なんて考えている女性もいるかもしれませんが、そもそもまつ毛がボロボロスカスカ状態では、マスカラが上手くつかず、乾燥してハリのないまぶたではつけまつ毛を支えることもできません。すぐにメイクが崩れて、みっともない目元になってしまうでしょう。

また、まつ毛は、瞳に潤いを与える涙の出口である涙腺をゴミや埃から守っています。まつ毛の健康が損なわれると、涙腺や瞳の健康にも影響が出てくるので注意してください。涙が出にくくなると、ドライアイになり、網膜剥離の危険性もあるからです。

美人の特徴であり、女性の美ポイントである長く艶やかなまつ毛は、日々のお手入れあってのものです。手抜きや油断でそれを損なわないよう、こまめなお手入れに励みましょう。

Post Navigation